2018年6月13日水曜日

馬はくわないと言う!

この頃、「ビジネスモデル」とか、「経済効果」とか、お金にまつわる話が巷間に溢れていて、辟易している。それも、先見性のある話ならまだしも、目先の効果にとらわれてる話が多い。オリンピックだって、スポーツの祭典とみるより、目の前で発生する経済の効果が語られることの方が多く、本末転倒に感じて、この頃のオリンピックには興味が薄れてしまった。
そんなことをふと思ったのは、トランプ大統領の経済にのみ偏ったやり方に、何ともやりきれなさを感じたからか。
金で思い出したことがある。 私が若いころ、父が自分が学生時代、同じ下宿にいた学生の話をしばしばした。台湾から来ていた金持ちの家の学生の話である。全く金持ちらしくない生活をしていたとの事。
父はチェロを弾くのを楽しんだらしいのだが、「セロを弾くと、やかましくって勉強ができない」と、彼が抗議に来たことを独特の言い回しでしゃべっていた。
台湾から来た学生に関する父の回想の中で、今でも時々思い出すことに、「金か、金は馬に食わすほどある。しかし、馬は食わんと、こう言う。」だった。自分を馬に譬えたのかどうかは知らない。金で儲けるなんて卑しいことととは言わないが、そんな気風があった昔が懐かしい。ましてや貯めるものか?うまく使って社会全体をずーっと住みよくするという素朴な考えはどこへ行ったのだろう。

2018年6月9日土曜日

表彰すべきではないかな!

森友学園問題に関して、近畿財務局の中には文書改ざんを拒否した人たちがいたという。
当たり前の行為だといえるが、当たり前のことが当たり前に行われず、結局財務本省の理財局と近畿財務局において改ざんが行われ、 近畿財務局では自裁する方まで出てしまった。
当然のことながら処罰が行われたが、なんだかなーである。本来トップは半分、責任を取るためにいるようなもので、「自分が責任を持つから、思い切って、きちんとやってくれ」というものではないのか?そうだったら、あんな忖度が働かなかったかもしれない。全責任を取る人がトップにいないとそんなことが起こる良い見本ではないだろうか。
件の財務相は、再発防止に全力を挙げる、それが自分の責任とのこと。どれだけのことがやれるかはなはだ心もとないが、やったらいいことを一つ提言したい。
それは、改ざんを拒否した人たちを表彰すること。当たり前のことをしたともいえるが、当たり前でないことが大手を振ってしまった以上、当たり前のこととは言え、官僚システムの厳しいヒエラルキーの中で大きな勇気が必要であった筈。その勇気を称え、本来こうでなくちゃいけないということを示してほしい。再発防止策の一助になると思う。

2018年6月3日日曜日

父母会???

日大側から日大アメフト部学生達の父母会に声をかけて、両者が協議をしたという。バカなと言わざるを得ない。競技者たる学生たちが独立に声明を出しているにもかかわらず、である。
これでは、「大学の、大学による、大学のための学生スポーツ」に陥ってしまっている日大の学生スポーツの根本的な問題は解決しない。「学生の、学生による、学生のための学生スポーツ」という、本来あるべき姿からほど遠い。ヘッドコーチ、コーチはあくまでも、技術指導、そして学生の自主性が育ち、暴走したりすることの無いように、助言者として機能するべきものだ。


2018年5月31日木曜日

見栄は張るけど、誇りも正義感もない。

彼の方は、「関与」という言葉を「金銭の授受」だけを指すかのように言い換えた。まあ金銭授受以外での関与が暴かれても、安全であるように逃げたと言えて、語るに落ちたとも言えるが、見栄を張っただけなんだなと思った次第。
だけど、実に情けないのは、首相と言うとても責任の重い名前を騙られて、「怒る理由がない。」とは!この人、首相という地位にいる自覚が全くないのではないのか?この話は個人の域を超えた話であり、「首相」という重い責任を負った名前を騙られたのだ。
個人が貶められただけなら、怒るか怒らないかその人の思いでよかろう。「首相」という地位を貶められて、過去、未来の首相に対して強い責任を感じないのであろうか?
正義感、「首相」という重い責任の地位を占めている誇りも無いのであろうか。

2018年5月30日水曜日

Y字ドライバー

ねじ回し(ドライバー)といえば、普通は+ドライバーか―ドライバー。ねじの頭に+か―の溝が彫ってあって、ねじ回しの先端がそれに適合するようになっている。たまに、三角形が上向きと下向きに重なったような、六角形のものもあるが、それら三種類のサイズが違うドライバースクリュウを取り揃えたセットは比較的簡単に手に入り、私も持っている。
先日、テーブルタップの故障を直そうと、裏を見たら、なんとねじの頭がY字に切ってある。そんなの初めてで、驚いた。近くの百均ショップの工具コーナーにはY字の溝に対応できるドライバーはなかった。でもさすがハンズ、工具コーナーにありました。さっそく購入して、件のテーブルタップの内部をあけて直しました。

それにしても、なぜ、こんなにいろんなねじを作る必要があるのでしょう。標準化して決めておけばよいのに。ドライバー業界のためにやってるのでしょうかねー?
そのうち卍型のが出たりしてー。まさか、そんな馬鹿なことはないか!

2018年5月27日日曜日

次の場面は学園理事長が県知事&市長に謝りに行くの図。

あんなこと言っちゃって、ホンマかいな!学園側が県や市に嘘をついてしまったと発表した。たとえ学園の一職員が言ったとしても、学園を代表して県や市に対して言ったのであろうから、学園の理事長が県知事や市長に謝りに行くのは当たり前として、その後どういう対応が取られるのか??
学園としては当然そのような嘘を言った、または言わせた職員の処分もせねばならない。
ここでも、見苦しい場面があるのかなー??

県や市は学園と一緒になって獣医学部が設置されるよう、国への働きかけをする大きな動機、判断材料となった筈ゆえ、学園に対して今後気を付けてくれぐらいでは到底済まされない。県や市がどんな態度をとるか興味津々だ。

2018年5月24日木曜日

清々しかった。頑張ってほしい、若い世代。

政府にしろ、大企業にせよ、大学にせよ、危機に際しての対応に全く清々しさがない。直截さがない。
そういった中で、日大アメフト部を辞めた、宮川君は実に直截で、自分の非もしっかり認め、表情も覚悟を定めたもので、 実に清々しかった。あまり褒めてもいけないが、凛々しささえあったと感じている。

小松左京が書いた日本沈没という小説がある。地殻の巨大変動により日本列島が物理的に沈没する。その過程にあって 日本人がどんな行動をするかを描いている。今起こっていることをじっくり見ていると、私は日本沈没が起こっているような気が してならない。物理的にではなく人的に。
願わくば、宮川君のような若い人たちが、このバカげた状況を反面教師にして、新しく社会を再構築してくれることを願う。 そして、もう終わってしまってるような人たちが指導者面をするようなことがないように、もっと若い正義感、進取の風に満ちた年齢の、 人達が指導者となれるような社会を作らねばならない。

アメリカ合衆国の故ケネディ大統領が大統領に就任したのは44歳。 そんな年齢の人が指導者になるようでなければいけないのだ。そのためには若い人たちが速く真の大人に成熟するように 社会の甘えた構造も、過保護の環境も壊さねばならない。
我々年寄りは、若者の邪魔をしないように、自分で考え、自分の言葉で語り、自分できちんと責任ある判断を出来る 人達が少しでも多く育つように、見守る努力をしたいものと思った。

若い人たちよ!終わった人達のことはどうでもよいから、諦めずに、希望を持って、社会を切り開くべく、前進して欲しい。