2020年8月10日月曜日

ビタミンCたっぷりなものは?II

嘗て、鬼畜米英、欲しがりません勝つまでは、などと国民が煽られ、呪文のように唱え流されざるを得ない、一つの体制と化した時代があった。軍国日本の時代で、本当に良いのかといった考察はろくにしないまま戦争に突き進んだ、この体制に馴染まない人は「非国民」というレッテルを張られて苦しんだ。

翻って今の日本、見つめていると怖いなーと思う事が多々ある。チョットしたことに煽られて、冷静な考慮もないまま、買い占め騒動が起こったり、所謂「自主警察」も首長と呼ばれる人たちの発言を自分勝手に解釈して一方的なことを言う。そして内容は昔の非国民呼ばわりとのアナロジーを感じてしまう。昔の村八分にも通じるものがある。人々が簡単に右へならえをしてしまう傾向、怖いことだと思う。

今社会を席巻している、新型コロナウィルス禍の中の現象、実は感染した人の経験値は人々にとってとても重要な情報をもたらすはずである。だけど、感染した人はそれを言い出せない雰囲気にある。まさに村八分に似た扱いを受ける恐れを感じるからであろう。我々の社会は異色を敬遠する傾向にある。ちょっと変わってる人を避けたりする。それは子供の世界でもいじめという形で顕在化している。

同じようなタイプの人が集まって安心する傾向ともいえるが、本当はちっとも安心ではない。難しい問題に突き当たった時、多様な経験値を持つ人たちが、経験値を持ち寄って考えた方が、より良い答えを見出せるのではないだろうか? ビタミンCの濃度にまつわるレモンの偏見から始めた話だが、この種の事は我々の社会にすごく多いような気がする。熟慮した上ではあるが、異を唱えることは実はとても重要であり、そのような人は社会にとって歓迎されるべきであろう。

教育はとても大事である。それも、知識偏重ではなく、良く考える教育である。今の教育は大改革を要すると思う。鉄は熱いうちに・・・、初等中等教育の改革は急務と思う。
もう一つ、私は昭和16年生まれ、戦後派である。戦争の大変さを身に染みて経験はしていない。でも親たちから聞かされたものはきちんと残っている。体制に流されない生き方をしないといけないとつくづく思う次第。

ビタミンCたっぷりなものは?

ビタミンCが最も濃い果物又は野菜は以下の中から選ぶとなんだろう?と幾つかの野菜、果物を挙げ、その中にレモンを入れておくと、「レモン」と返ってくることが頗る多い。ところが、レモン果汁100グラム中のビタミンCの量は赤パプリカ100グラム中のそれの1/3程度、皮もすべて含めたレモン全果100グラム中のビタミンCの量だって、赤パプリカ100グラム中のそれの2/3弱である。

理科で遊ぼう会では表記のタイトルで、赤パプリカ、グリーンピーマン、レモン果汁、レモン全果、時にキュウィーフルーツを交えてその中のビタミンCの濃さを調べる実験を提案している。希釈したヨウ素系うがい薬にビタミンC溶液を滴下すると、ある一定量でうがい薬の茶色が失われる。
上記の食物の絞り汁を一定量の希釈したうがい薬に滴下して変化の様子を比較する実験をしている。 レモンの滴下量に比べて、赤パプリカの滴下量がすごく少なくて茶色が消えて行くことに児童はびっくりする。なんでレモンのビタミンCが特に濃いと思っていたんだろうと問いながら、皆が言ってることだからとか、有名な人が言っているからと、何も調べずに鵜呑みにすることの危険性を感ずかせて授業の纏めとしている。

このテーマは素晴らしいと認めて毎年このテーマで6年生の授業に出前授業として呼んで下さる先生が居られる。曰く「学校で子どもたちが会う実験は、社会的に受け入れられていることを追認するような実験ばかり。理科で遊ぼう会のこの実験はそれと正反対ですごく良い効果がある。」というのである。私も批判精神の重要性を知る良い例だと思っており、もっと広がらないかと期待している。
何故こんなことを述べたかというと、今日のダイアモンド・オンラインの記事で
◆「うがい薬買い占め」で露呈する、日本の学校教育の致命的欠陥
http://cl.diamond.jp/c/af8haZoYaWn7yDak
に、とても気になったので取り上げた。なんで、買い占め騒ぎが起こるのか?転売目的の人もいるだろうが、大阪府知事の発言におどらされた人も少なくないはずである。
気になったのは経済協力開発機構(OECD)が、48カ国・地域の小中学校段階の教員を対象に行った『国際教員指導環境調査2018』(TALIS 2018)の質問の中で「目の前に提示された話をハイハイと鵜呑みにするのではなく、客観的事実に基づいて予断を持たず、論理的に考える力をつける」ように導いているかどうかという質問に対する回答である。そのように導いていると答えた教員の割合はアメリカは78.9%、カナダ(アルバータ)は76%、イギリス(イングランド)は67.5%、オーストラリアは69.5%、アジアでシンガポール54.1%、台湾48.8%、韓国44.8%。体制批判に敏感な中国(上海)でさえ53.3%、ロシアも59.7%なっており、48カ国の平均でみると61%だった。ところが、日本はダントツの最下位でなんと、12.6%。日本以外の国は40〜87%の範囲におさまっているのにである。
「言われたことを鵜呑みにするのではなく、自分の頭で論理的に考えてみなさい」と教育するのは「世界の常識」となっていると、この結果は示すのに、日本だけは別の道を進んでいる。知識を教え込むこと(例えば識字率)、作業技術(計算技術)を教え込むことも教育の一部で大切だ。しかし、自分で考える力を持つことはもっと大切ではないか。未知なことに直面して、それを切り開いていくのは考える力だから。(後に続く)

2020年8月3日月曜日

泣けた

以前の太々しいまでの自信に満ちた彼にはそれほどの共感を覚えなかったが、昨夜は泣かされた。
照ノ富士が千秋楽に勝って優勝を決めた後、国技館の天井を見上げていた。苦難の日々が去来していたのであろう。 師匠の伊勢ケ浜(=旭富士)から優勝旗を受け取った時の、深々と本当に深々とお辞儀をする姿に、二人の間に交されたであろう無言の言葉が想像されて、また泣けた。
伊勢ケ浜部屋にはかって照国という横綱がいた。照ノ富士は照国からもらった名前であろう。体は回復したと言っても、十分ではないであろう。無茶は言わないが、嘗ては目指した横綱に向かって、行けるとこまで肉薄することを祈念する次第。

2020年7月20日月曜日

行くべきか、行かざるべきか・・・(To go or Not to go, that is the question.)

7月20日までに相模原市で確認した累計罹患者数と、一週間毎の新規罹患者数(橙色の点)。最後の一週間で21名も増えた。
21名の構成は市の発表を見ると20代11名、30代3名、40代4名、50代2名、60代1名と20代が圧倒的に多い。多分これは一般的傾向なのだろう。
こういう時期にGo toキャンペーンとは、如何なものかという人も多い。そういう意見に対して、お金を回さないと社会が立ち行かなくなると言われる。病人が増えると社会は働き手を失い疲弊する。経済が凍り付いても社会は疲弊する。困った事態だ。
それじゃ―、何故旅行業だけなのか?日々の生活に必要なものを扱う商業は何とか行っている。10万円の一律給付がほぼ行き渡る状態になって、電気製品など日用品とは異なる一寸大型の商品の売れ行きも良くなったとか。そうすると次はやはり旅行業界、飲食業界なのかもしれない。

ちょっと、密の例としてスーパーマーケットの状況を考えてみた。ソーシャルディスタンスと称して、レジの周辺ではお客さんは整然と並んでるが、商品が並ぶ域、特に人気商品や、安売り商品の周りは密着ディスタンスに近い。デモ周辺で異変を聞いたことはない。レジ周辺での整然たる列が滑稽に思えてくる。それは余談。
そんなら、一寸旅行へ、なんて考えたが、さーてな、スーパーではしゃぐ人もいないだろうけど、旅行ともなると人々は開放的となるだろう。スーパーの中でのつつましやかな振る舞いとは程遠くなりそう。そんな中に飛び込んで行く元気はないな。どうやらハムレットを気取ってTo go or Not to go, that is the question.なんて書いたけど、私はNot to goだな。家の周辺で、楽しいことを見つけ出して、ゆっくりする方が良いような気がする。

2020年7月13日月曜日

7月13日現在;

東京の状況を反映していて、相模原でもコロナウイルス罹患者は増加しています。
累計の増加曲線を注意深く見ると、3月中旬からの1ヵ月間の増加の様子と、 6月中旬からの1ヶ月間の増加の様子が大変よく似てることに気づきます。罹患者総数は100名を超えていますが、回復された方の数は89とのこと。今入院等の管理下に置かれてる方は十数名。
ところで私はこれまで、インフルエンザのワクチンを受けたことが無かったが、一度も罹患しなかった。それも流行る1月末から2月一杯の間に、毎週1~2日、多い時には3日ぐらい小学校の出前授業に出かけた。喉をいつも潤しておきたいと思ったので、マスクはいつもして、細心の注意を払ってはいたが。しかし、今年はインフルエンザのワクチンを受けようかなと思い始めている。インフルエンザとコロナウイルスに同時に罹ったらちょっと厄介だろうなと感じるので。

2020年6月22日月曜日

相模原もしばらく平穏だったけど罹患者また出てきましたよ

しばらく何事もなく静かでしたが、この一週間に8名増えました。解放感に油断してはいけないようです。皆さん十分に気をつけましょう。

2020年6月17日水曜日

新聞第一面には喜び溢れる記事を

6月14日の朝日新聞の総合3のページの「日曜に想う」に書かれた編集委員の福島申二氏の一文を面白く拝見した。
その話題の書き出しのところだけでも取り上げて見たくなった。「アメリカとは、最高裁判所の長官がこんな名言を残す国でもある。」と書き出す。その名言とは「私はいつも新聞をスポーツ面から開いて読む。そこには人間の成し遂げたことが載っている。1面は人間のしでかした失敗ばかりだ」
いやはや、確かにその日の朝日新聞の第一面のトップ記事は河井夫妻に関する国会閉会直後の検察による立件にかかわる記事であった。 そして、スポーツ面は球春じゃなくって球夏の記事の中にあって、トップ記事はオリンピック7人制ラグビー出場を目指していた福岡氏がそれを断念するという記事であった。氏がワールドカップ日本大会でアイルランドのバックス陣を振り切って、相手ゴールのど真ん中に飛び込んだトライは忘れられないシーンだが、その記事にも今まさにゴールに飛び込もうとする氏の写真が載っていた。ラグビーの代表を目指し続けても、きっと大きな成果を得ると思われるが、氏は新しい道を目指すという。氏がこれから目指す医学の道は決して容易なものではないであろう。氏の素晴らしい決断と、その思いが是非、成し遂げられんことを祈念する次第である。

さて翻って、もう一度第一面に戻ってみた。河井さんの記事の下に、待ちわびた生の響きという見出しで、京都フィルハーモニー室内合奏団が京都コンサートホールで演奏会を開いたという記事だった。定員500人の会場に100人限定とし、演奏家も管楽器を別にしてマスクをしての演奏。決して楽なことではなかったはず。聴衆は久しぶりの生の音の響きに感激したというし、楽団は練習もままならなかった筈だが、演奏会にこぎつけ実施できた、それこそ成し遂げた喜びに浸ったに違いない。しでかしちゃった記事なんかより、ずっと読んで楽しい。トップ記事にすべきじゃないかと思ったほどである。
しでかしちゃった記事を読んで、笑ったり、くさしたりするより、成し遂げられた記事を読んで共感し、称え喜び合いたい。そう云うことが普通になる、そんな社会でありたい。いつの日か、しでかしちゃった記事が隅っこに追いやられ、地味でも社会に喜びと活力を生む記事が一面を飾るようになってほしいものだと思った事だった。
願わくば記者さん!福岡氏が医学の世界でも頑張り、何かの成果を社会に報告できるようになった暁には一面トップ記事にその頑張りと成果を紹介されんことを切に願う。